Back to Works menu

- Ohters -








ひとつとすべてに差異はあるのか
2014
484×1230(mm)
Oil Painting on Wood Panel

《すべて》は《ひとつ》の集合によって形成され、総体として存在している。
《ひとつ》ずつが有する差異は《すべて》においては違和にはなりえず、《すべて》を構成する要因として《ひとつ》ずつは等しく機能しているのである。
ひとつの《すべて》がすべての《ひとつ》を総括するとき、《ひとつ》ずつの有する差異は《すべて》が有する輪郭となる。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






其処此処に在るを目論む
2014
727×1167(mm)
Oil painting, acrylic on Wood Panel

《私》は「今」「ここ」にのみ縛られて、そちらこちらにいちどきには在られない。
《私》の形象を放棄して、「いつでも」「どこにでも」自在に在れたなら、いったい《私》はどのような形象で、この世界のあちらこちらに点在しようと目論むだろうか。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






じっくりと、よみがえる
2013
1620×970(mm)
Oil Painting on Wood Panel







------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






果ててのち、生きるもの
2012
803×530(mm)
Oil Painting on Wood Panel

私たちは消滅を前提に存在している。
《私》をつかさどっていた外殻は、滅してのちはやがて朽ち果て、世界の隙間に還元されてゆくことだろう。
私を私たらしめていた《私の存在の根幹》もまた、同じく消失してゆくだけのものであるのか。
《存在》が、滅してのちになお《在る》もの。
願わくば、果ててのちはそう在りたい。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






四畳半
2010
2685×2685(mm)
Oil Painting on Wood Panel,Tatami

日本の生活風景として、かつて代表的な存在であった《畳》。
障子越しにあわあわと射す陽光に照らされた四畳半。
そこには《日常》そのものが存在していた。
私たちが日々当たり前のものとして享受する《日常》のそこここに、《私たちそのもの》はなにひとつの違和もなく点在し、同化している。
世界においては、私たちのひとつひとつもただの日常の風景の一部に過ぎず、《私》という存在主体もまた、世界においては、ただ存在し、同化している《日常》で在らざるをえないのだ。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






もう幾ばくかは、生きたけど
2009
1167×1167 (mm)
Oil painting on Wood Panel







------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






些細なことについて
2009
530×727 (mm)
Oil painting on Wood Panel


















Back to Works menu

PageTop